対人賠償保険と対物賠償保険は無制限がおすすめな理由

対人賠償は高額になりやすい

対人賠償保険を無制限にするのがおすすめな理由は、対人賠償は非常に高額な金額になる可能性が高いためです。人の命に値段をつけることはできませんが、実際に事故を起こしてしまった時にはお金で賠償をすることになります。その際に発生する金額は事故の状況や相手によって青天井に膨らむことになります。もしも、対人賠償保険が無制限でなかったとしたら保険で支払われる金額以上の賠償となるとその分は自分で支払わなければなりません。万が一のときに自分では支払いきれないときの保険にもかかわらず、保険金だけでは足りないとなっては自動車保険に加入をする意味がなくなってしまいます。賠償金が高額になりやすい対人賠償保険は無制限にしておいたほうが安心です。

非常に高額な対物賠償が発生することもある

人の命と比較をすれば物はお金に代えられるものですから、賠償金も対人よりは高額になりにくいものです。しかし、だからといって対物賠償保険が無制限でなくてもいいかというと、そのようなことにはなりません。あくまでも対人よりは高額になりにくいというだけで、損害を与えた物によっては対人以上の賠償責任が発生することもあります。 何億円もの機械を壊してしまったり、高額な商品を運搬しているトラックやトレーラーに損害を与えてしまうケース、一日に大きな売上のある商業施設に損害を与えた場合などは、億単位の賠償責任を背負ってしまうこともあるのです。対物賠償保険を無制限にしておかなかったばかりに、保険料を払っていたのに大きな借金を抱えてしまっては意味がありませんから、対物賠償保険は無制限にしておきましょう。