任意の自動車保険に加入した方が良い理由とは!?

自賠責保険との違いを知る

自動車は便利な存在ですが、交通事故のリスクもありますので油断せずに安全運転を心掛けることが大事です。注意していても事故が発生することもありますが、そんな場合も保険に加入していれば賠償金などの自己負担を大きく抑えることができます。自動車を運転する人は自賠責保険への加入が義務付けられていますが、より補償を充実させるために任意保険に加入する人も多くなっています。それぞれの違いを知っておきたいところですが、まず自賠責保険は相手方への補償となっており、対人のみに支払われます。しかも限度額もありますので、大きな事故になった場合は自賠責保険だけでは補えず、不足した分は自己負担で支払うことになります。物や自動車を破損させてしまった場合も、自賠責保険で支払うことはできません。

特約やロードサービスも使える

自賠責保険に加入していても、それだけで補償できない場合は自己負担で支払うことになりますが時には数千万円など高額になることもあり個人で用意することは困難です。そんな場合も任意保険に加入しておくと対人・対物ともに無制限にできますので自己負担の心配はなくなります。事故が発生した場合は車のレッカー移動などが必要になることもありますが、任意保険では自賠責保険では利用できないロードサービスも利用できますので、もしもの際も安心です。任意保険では特約を付けることもできますので、様々なトラブルに広く対応できることもメリットといえるでしょう。自賠責保険では相手方への補償だけですが、任意保険なら自分への補償もあります。加入は義務ではありませんが、加入する価値の高い保険といえるでしょう。