人身傷害保険と搭乗者傷害保険はどう違う?選び方のコツ

必要な補償を受ける為にも違いを理解しよう

自動車保険には様々な補償内容が存在しています。自動車保険は大きく分けて対人賠償、対物賠償、人身傷害、車両保険の4つに分ける事が出来ます。対人賠償とは事故によって他人を死傷させてしまったケース、対物賠償は事故によって他人の物に損害を与えてしまったケースなど相手への賠償を補償してくれるものです。

一方、人身傷害や車両保険は自身のけがや車両の損傷を補償してくれるものを指します。その中でも人身傷害に関しては更に細かな違いがあるので、しっかりと押さえておくのが大切です。理解をしていないと、必要な補償が受けられなかったり、反対に過剰に保険に加入する事にもなりかねません。特に人身傷害保険に関しては、人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いなど細かな違いがある場合があるので特に要チェックです。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いを知って賢く選択しよう

自動車保会社にもよって異なりますが、人身傷害険は基本の補償内容で搭乗者傷害保険はオプションとしているケースが一般的です。搭乗者傷害は人身傷害保後の上乗せととらえて加入する方も少なくありません。なお、人身傷害保険と搭乗者傷害保険の一番の違いは保険金の算出方法にあります。人身傷害保険は実際の損害額、搭乗者傷害保は保険会社が決めた一定額が支払われるという違いがあります。

また、支払いのタイミングも異なるので注意が必要です。人身傷害保険に関しては被害額の算出に時間を要するケースがあります。一方の搭乗者傷害保険は医師の診断や入院日数に基づいて、一定条件を満たした時点で支払われるので、よりスピーディーに保険金の受け取りを行う事が可能です。速やかに保険金の支給を受けたいと考えている方は搭乗者傷害保険を手厚くするなども一つの選択肢と言えます。