任意の自動車保険と自賠責保険の違いは何?

任意保険と自賠責保険の大きな違い

任意の自動車保険と自賠責保険が自動車保険には存在しますが、加入義務の点で大きな違いがあります。自賠責保険は自動車を購入すれば、自動的に加入する必要があるので、全てのドライバーが加入します。自賠責保険に加入していない自動車は車検に通らないので、合法的に自動車を使用するには、自賠責保険に加入しなければいけません。任意保険はドライバーが自由に加入するかどうかを決めれるので、自由度に違いがでてきます。

自賠責保険に加入していれば、自動車を合法的に使用する事ができますが、自賠責保険は補償の範囲が狭いので、それを埋める形で任意の自動車保険が存在しています。保険は費用負担が気になりますが、リスクが発生した時に加入していると、非常に助かります。

自賠責保険と任意保険の補償の内容

自賠責保険も任意保険も事故が発生した時に補償が出る点は同じですが、自賠責保険は相手方への補償だけになるので、事故を起こしたドライバーの補償は受けられません。自賠責保険は事故被害者への最低限度の補償が目的であり、自動車を使用している時に事故で他人を巻き込んだしまった時に、歩行者等の方がしっかりと補償を受けられる為に加入する保険です。

任意の自動車保険は単独事故で自動車が傷ついてしまった時や交通事故でドライバー自身が怪我等をした時にも補償を受けられるので、基本的には自賠責保険の他に任意保険にも加入した方が、安心できます。任意保険は補償の範囲で保険料が変わるので、自由に各自がカバーしたい部分だけを選んで、加入できるので便利です。