強制加入の自賠責保険とは!?

全ての車の所有者が加入する保険

全ての車やバイクの持ち主には、自賠責保険の加入が義務付けられています。自賠責保険は、正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といい、法律で加入が義務付けられていることから「強制保険」とも言われています。しかも単に法律で加入が決まっているというだけではなく、加入しないと罰則が適用されることになります。例えば自賠責保険に加入していない車を公道で運転すると「1年以下の懲役、または50万円以下の罰金」が下され、更に違反点数六点が付加されてただちに免許停止処分を受けます。この自賠責保険は一度加入すればそれでいい、という訳ではなく期限が定められているため、車を運転するなら期限切れに十分注意しなければなりません。

自賠責保険で補償される範囲は?

自賠責保険は、交通事故の被害者を救済するために存在します。それなら自賠責保険に入っていれば安心、と考えがちですが、それは間違いです。自賠責保険で補償されるのは交通事故の被害者、つまり人間に対して損害を与えてしまった場合だけ。つまり建物や相手の車、自分の車、ガードレールや標識などを交通事故によって壊してしまった場合、自賠責本は1円も支払われません。そして交通事故の被害者だけが補償範囲ということは、つまり自分は対象外ということ。例え交通事故で怪我をしたとしても保険が下りることはないのです。事故を起こそうとして起こす人はいませんし、何が起こるか分かりません。安心して車を運転するためには、自賠責保険だけではなく任意の自動車保険に加入することが必要不可欠なのです。